フィリピン情報

【実体験】フィリピン会社設立

更新日:

train beside building

こんにちは!!

フィリピンでの会社設立(法人設立)を検討されている日本人の方ってかなり多いのではないでしょうか?

WEB上にいろんな情報がありますが説明している言葉が難しかったり、まとめしかないようなサイトが多くあるような印象でしたので今回は私の実体験に基づくフィリピンでの会社を設立するまでの手続き・期間・費用感を中心に紹介したいと思います。

今回私が設立した会社は日本の子会社でIT関連の会社を100%外資という条件で設立しています。そのため他業種を考えている方は多少手続きが変わってきます。

本記事では「フィリピンで会社設立(法人設立)したい又は検討しているけど手続きとか費用感とか日々の運営って実際どうなの?」と思われている方向けに書いています。

 

準備~設立まで

日本の子会社を設立するにあたって事前に日本側でのドキュメント作成が必要になります。

日本法人の登記簿を英訳したものとフィリピンにて会社を設立する決議書を作成し英訳します。英訳は英語がある程度わかるのであれば自身で英訳されても問題ないです。

 

英訳済みの登記簿・決議書を公証役場にて公証人に公証してもらい、フィリピンにてこれらのドキュメントを有効にしてもらうためにフィリピン大使館にてレッドリボン認証をもらい、それをフィリピン側に郵送するまでが日本側でのおおまかな手続きです。

 

フィリピンで会社を設立するには大きく分けてSECへの会社登録・CITYHALLにて営業許可証取得・BIRにて税務登録証の3つの手続きが必要になってきます。

 

SEC

SECとは証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)といってフィリピンにて会社を設立(法人設立)するために登録する機関です。

必要な手続きは

  1. 登記場所になるオフィス契約及び賃貸契約書の作成
  2. 資本金を入金する口座(TITF口座)を作成 (都合の良い銀行で問題ない)
  3. 日本側から送ってもらったレッドリボン認証済のドキュメント
  4. 役員/秘書/財務選定 
  5. SECへの登記申請書作成

 

おおまかなSECへの手続きは上記4つになります。

 

BIR

BIRとは内国歳入庁(Bureau of Internal Revenue)といってフィリピンにて税務関係の支払い及び登録する機関です。いわば日本で言う税務署のようなところです。

必要な手続きは

  1. 印紙税・登録税の支払い
  2. 会計帳簿登録
  3. 税務登録証取得
  4. BIR認定の印刷業者にてオフィシャルレシート作成

おおまかなBIRへの手続きは上記4つになります。

 

CITY HALL

CITYHALLとは市役所です。比較的上記2つより横文字でもイメージしやすいのではないのでしょうか?市役所にて営業許可を取得するのにお世話になる機関です。

必要な手続きは

  1. バランガイクリアランス、TAXクリアランス取得
  2. 社会保険取得(philhealth・SSS・Pag-ibig)
  3. 営業許可取得申請書作成
  4. 1人目の従業員登録

おおまかなBIRへの手続きは上記4つになります。

 

手続きに要する期間・費用感

フィリピンでの会社設立の準備から実際に運営をするまでに要した期間は2018年2月頃から開始して2018年6月中旬くらいまでの約4カ月半くらいでした。(日本での書類作成・SEC・BIR・CITYHALLの手続き)

 

費用感はおよそ6万7千百ペソくらいでした。

公証・レッドリボン 約20,000ペソ
SEC 約21,100ペソ
BIR・CITYHALL 約26,000ペソ

別途資本金として70万ペソとサポートしていただいた会社に10万ペソくらい支払いしました。

私の知り合いの方で同時期に手続きを開始しているのに12月頃になってもSECへの登録が終わっていないという人がいたので時期や登録業種によっては早くなったり遅くなったりがあるようです。

 

設立後の事務処理・費用

BIRへの登録が完了した時点から税務申告をする必要があるので事前に会計事務所を探されるのかまたは、会計まわりができる人材を雇用するのかまたは、税務処理がなれている方に最初の数カ月ほどサポートしてもらうのかのどれかを選択していただく必要があります。

 

フィリピンは税務申告が非常に多いです。毎月の税務申告だけでも最低3つあります。

それに加え、社会保険等の処理もする必要があるので最初のうちは外部またはなれている方と一緒にされるのがいいかと思います。一連の処理を覚えて要点要点のみを確認できるようになれば不正されても気づくことができます。

 

運営していく費用としては最低でもオフィスの賃貸費用・会計事務所を使うのであればその費用・従業員の給料ぐらいなのでバーチャルオフィスを使用されている方だと数万ペソぐらいで運営していくことは可能です。

 

まとめ

フィリピンで会社設立をするのは日本と違ってどうしても時間がかかってしまうため

時間に余裕がない方は少し費用が高くなりますが企業進出支援している会社に依頼したほうがいいです。

時間に余裕があったり・費用を極限に抑えたい方であればフィリピン人弁護士等に依頼すれば費用感はおさえられますが基本やりとりは英語になるため英語が苦手な方からすればハードルが少し高くなります。

無料で相談ができる企業さんも多々あるので、フィリピンでの会社設立を検討されている方はぜひ一度お問合せしてみてください。

-フィリピン情報

Copyright© JPN-CBU , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.